どこに不用品回収を任せるのか

不用品回収の費用って値切れるの?

行政と業者が存在する

不用品回収を、行政に任せる人がいると思います。 残念ながら行政は、料金を値切ることはできません。 決められている料金を支払ってください。 小さな不用品は300円程度で回収してくれるので、大きな負担にはならないでしょう。 大きな家電でも、600円程度です。

値切り交渉はできないと知る

不用品を回収してくれるのは、行政と業者です。
そのどちらかに依頼してください。
行政は価格が決まっているので、費用を値切ることはできません。
諦めて、指定された金額を支払ってください。
地域によって料金が変わるので
自分が住んでいる地域の費用を前もって調べておきましょう。
先に支払って、支払った証拠のシールを不用品に貼る流れになります。
シールが貼ってある不用品だけ、行政に回収されます。

不用品回収業者は、それぞれによって費用が異なっています。
ですから交渉すれば、応じてくれるかもしれません。
費用が高いと思ったら、値切ってみましょう。
コツは、丁寧に依頼することです。
上から目線でもっと安い料金にしろと命令しても、業者は不愉快な気持ちになります。
それでは、交渉に応じてくれないでしょう。
丁寧に依頼すると、こちらの願いを聞いてくれる可能性が高いです。
利用者の感想を聞くと、値切り相談に応じてくれた業者が判明するので、そこに依頼してみましょう。

安すぎる価格を、こちらが提示することは控えてください。
図々しいので、交渉に応じたくなくなってしまいます。
細かい金額を提示すれば、そのぐらいなら価格を下げてもいいと考えてくれるかもしれません。
また、他店と比べるのもおすすめです。
他の不用品回収業者は、この価格で受け付けてくれたと伝えると、他店に負けないようそれ以下の料金で応じてくれることが多いです。
慎重に値切り交渉を進めてください。

交渉に応じてくれる業者を探す

不用品回収業者は、値引きに応じてくれることがあります。 コツがあるので、意識して交渉してください。 丁寧にお願いすることが大切です。 また、値引き交渉に応じてくれそうな業者を見つけましょう。 他の人から評判を聞くと、値引き交渉してくれる業者がわかります。

最初から安い料金を要求しないこと

料金が5000円だと言われて、いきなり1000円にしてほしいと要求しないでください。 最初に大きな金額を値切ると、相手は交渉に応じたくなくなります。 おすすめの方法は、少しずつ値切ることです。 最初は4000円にならないか聞いて、徐々に値切る金額を上げましょう。